インドネシア企業経営のご案内

月刊インドネシア企業経営・別冊資料集

インドネシア企業経営
「インドネシア企業経営」詳細・お申込はこちらから。

インドネシアの 毎月施行される 税務・経済法令のサマライズ、経済動向解説、会計・許認可・労務・財務・企業/産業等のケース スタディ等企業経営と生活に必須な情報を満載。
週2~3回のE-MAILによるニュース(臨時ニュースもあり)、法令、経済指標等の配信付き、照会・資料請求も出来ます。

「インドネシア企業経営」詳細・お申込バックナンバー・目次別冊資料集もあります

お知らせ

『月刊インドネシア企業経営』別冊アップデートしました。
No.1『投資手続き法』 全61ページ 60万ルピア + VAT
No.4『労働関連法の解説』 全177ページ 120万ルピア + VAT
No.8『インドネシアの社会保障』 全55ページ 50万ルピア+VAT
No.29『インドネシアの環境管理管理法』 全71ページ 70万ルピア+VAT


インドネシア 投資環境トピックス 2017年

最近のインドネシア 投資環境
今年の10大ニュース

まだ大丈夫 日系不動産など積極投資
株価は記録更新、大プロジェクトも続き、ランキングは上昇
輸送・交通関連・物流も進展、利便性へ
米イ経済関係ギスギス、世銀も外資規制批判
イスラム化が顕著な苛立たしさ 社会不安は常態 ISも懸念材料
税務攻勢以外政策手詰まり感
観光に盛り上がる 
常連として汚職はますます面白くなる  

記録として
邦人夫妻他殺、パンダ2頭到着、新国立図書館開館、日本ビザ申請センターオープン
中村光男氏に文化功労賞、西パプア独立請願書が国連に。ミスワールド

以降月別:12月度投資環境トピックス:大口プロジェクトなど年末打ち上げ
12/4  日揮、JGC他とプルタミナEPCのガス処理プラントEPC受注、約1千億円。
12/8  ブキット・アサム、初の石炭ガス化プラント建設10億ドル超、2019年着工
12/xx プルタミナ・PGN、統合持ち株会社、発足へ 資産556億ドル
12/11 JICA、インドネシア・インフラ・ファインナンスに80億年の貸付契約
12/11 NEDO、圧縮天然ガス使用拡大に向けた環境整備事業で政府と基本協定
12/18 アダロ、向こう5年間に東南アジアで発電所建設計画計5千MW、
12/19 サーベイヤー・インドネシアが発電事業に、PLN、韓国Kowepoとイ東部地域
12/19 NEC、ODA一環のイ気象庁向け広域防災システム受注。
12/19 九電工、スンバでハイブリッド発電制御システムの実証実験開始。
12/22 東急不動産、JOINとジャカルタクニンガンでマンション+商業施設開発
12/26 三菱UFJ銀、ダナモン銀株の19.9%の取得完了、最終的に73.8%まで。
12/26 東京センチュリー、リッポーの電子マネー事業会社に追加出資。
12/27 小糸製作所、カラワンのランプ製造工場5割拡増強へ、投資20億円。

法整備も株価も打ち上げ
12/4  ATMとキャッシュ/デビットカードの切り替え開始、国内銀行決済システムを統合 する全国決済ゲートウエーの一環で中銀。
12/11 タイ・マ・インドネシア通貨交換仕組み具体化、イの場合国営3行とBCAを指定
12/11 中銀がフィンテック新規制、登録義務、仮想通貨禁止
12/13 ジャサ・マルガ、ロンドン証取所で4ルピア建てグローバル国債発行
12/14 国税通則法の改正審議:自らの修正により発生した罰金は月利1%に引き下げ
12/17 Eコマース事業者の登録義務化へ:商業省。
12/21 フィッチ・レーティングス、イ長期国債の格付けをBBB-からBBBに引き上げ。
12/21 チリと包括的経済連携協定(CEPA)締結と商業相。
12/29 イ総合株価指数6,355.65で2017年の取引終了。

観光につながるか
12/7  ピニシ船がユネスコの無形文化遺産に登録決定。
12/12 インド洋津波、ボロブドゥール記録資料、パンジ物語のユネス コ記憶遺産へ
12/14 7カ所の経済特区が稼働へ、アルン・ロクスマウェ、ガランバタン、トラ ンス・カリマンタン、モロタイ、ビトゥン、タンジュンアピアピなど。
12/20 デルタマスに日本人学校建設へ、2019年4月の開校目指す。
12/26 首都空港から都心へ乗り入れる空港鉄道開通

11月投資環境 下り坂に不動産投資
イ・ジャカルタの有望性は下がる中(JBICは3位→5位、PWCはDKI不動産7位→14位)
未だ続く日系不動産開発
11/2  住友林業、ブカシで160戸、21年完工予定、スマレーコン・アグンと合弁
11/7  清水建設、リッポーチカランでサービスアパート建設、藤田観光へ賃借へ。
11/17 西鉄、合弁でブカシ分譲マンション開発へ、総事業費5,300億ルピア
11/29 セントゥルシティ、住商と合弁会社設立へ。イオンも立地
(この前は7月号参照)

大プロジェクトも続く(内容外国勢故省略)
11/8  JICA、サラナ・マルチ・インフラストラクチャ―とインフラ開発推進で提携MoU。
11/15 パティンバン港第1期開発で1,272億円限度の円借款、JICAイ財務省が 契約。

記録のみ:
11/14 今年のミス・インターナショナルでイ代表が優勝。
11/15 IMFのイ経済成長率予想、今年5.1%、来年5.3%。
11/21 来年最賃:首都3,648,035ルピア、カラワン3,919,291ルピア、
11/6  パラダイス文書にスハルト三男、三女とプラボウォの名前。

10月投資環境:世界ランキング72位に躍進?:ニュースはミニ化
ちなみに:ジャカルタ訪問・通勤・輸送ニュースで
10/3  空港鉄道(マンガライ~スカルノハッタ空港)の試験運行、正式開通は11/25
10/8  首都圏コミューター鉄道がチカラン駅まで延びた。
10/10 高速料金非現金化で、公共事業相が解雇回避を呼びかけ。
10/16 チカンペック高速道で大型トラックの通行規制、通勤バス専用レーンの試行も。
10/24 国営鉄道KAI、長距離線でe-ボーディングパス開始。
10/30 カラワン~チレボン間高速6.4%値上げ、乗用車9.6万ルピア→10.2万ルピア。
物流関連ニュースもわんさ:Inaportnet港湾サービス電子ポータル、三井造船バタム・コンテナ荷役用クレーン製造、川西倉庫冷凍倉庫、三菱ロジス、配送センター開所、大和ハウス工業MM2100物流施設、セイノー冷凍輸送、NNR RPXグローバルロジスティクス
郵船ロジス、ハラル認証オペレーション等

記録に:
10/10 ロッテ、サリムと合弁でネット通販「アイロッテ」オープン。負けるな
10/16 ヤマハ、新型スクーター「ミオS」発売、125cc、1,575万ルピア。負けるな
10/17 東京ガス、ガス配給会社パンジ・ラヤ・アラミンド33%取得、約42億円。
10/24 クラカタウ・スチール、チレゴン工場に第2熱間圧延建設中、投資4.6億Rp
10/11 ハラル製品認証庁(BPJPH)設立、MUIのハラル認証は政府に移る。
10/24 大衆団体法改正案が国会で可決、政府に団体解散の権限。
10/27 脱過激化通じ3年間で999人更生:政治法務治安調整相。