インドネシア企業経営のご案内

月刊インドネシア企業経営・別冊資料集

インドネシア企業経営
「インドネシア企業経営」詳細・お申込はこちらから。

インドネシアの 毎月施行される 税務・経済法令のサマライズ、経済動向解説、会計・許認可・労務・財務・企業/産業等のケース スタディ等企業経営と生活に必須な情報を満載。
週2~3回のE-MAILによるニュース(臨時ニュースもあり)、法令、経済指標等の配信付き、照会・資料請求も出来ます。

「インドネシア企業経営」詳細・お申込バックナンバー・目次別冊資料集もあります

お知らせ

『月刊インドネシア企業経営』別冊アップデートしました。
No.1『投資手続き法』 全61ページ 60万ルピア + VAT
No.4『労働関連法の解説』 全177ページ 120万ルピア + VAT
No.8『インドネシアの社会保障』 全55ページ 50万ルピア+VAT
No.29『インドネシアの環境管理管理法』 全71ページ 70万ルピア+VAT

インドネシア投資環境トピックス 2019年

3月度インドネシア投資環境:日本の影うすい、構造的変化に注目

1)首都地下鉄完工式、4/1から営業運転、大統領祝辞に言葉なし。借款で当然か

2)日本以外の大口投資目立つ:英・廃棄物発電・2億ドル他以下:
中国フィルチュー・ニッケル製錬・14兆ルピア、
アストラ・ゴジェックに1億ドル増資、
グラブ・デジタル・スマート・シティ開発に7億ドル、
アンタム・フェロニッケル精錬所の電源に投資3.2億ドル、
メドコ・ガス火力発電・融資2.22億ドル獲得、
メドコ・英系オフィール買収で合意5.39億ドル。

3) 経済構造変化
3/15 CPOの再生エネへの使用控えに続きパーム派生品の健康への影響指摘  一方で
3/30 クラカタウ・スチールの生産増強継続で来年には鉄鋼輸出国に転換と政府。
3/18 今年の外国人訪問客数目標1,700万人、観光外貨収入目標176億ドル:観光省。
3/8  バカウヘニ高速道(141km)開通、スマトラ縦断高速順調
3/4  イ豪包括的経済連携協定(CEPA)署名、豪州産牛肉の大量流入懸念する声(6日)。

4) テロ蠢動と火山性事件災害に注意
3/4  ポソでイスラム過激派と銃撃戦、メンバー1人射殺、1人逮捕と治安部隊
3/12 シボルガで対テロ特殊部隊が反テロ法違反容疑者を逮捕、その後自爆続く
3/20 パプア山間部で銃撃戦、武装グループと警察機動隊、隊員1人死亡、2人重傷。
3/12 メラピ山が噴火。3/25 アナック・クラカタウ山噴火 3/22 ブロモ山が噴煙
3/21 ジャヤプラの鉄砲水・地滑り災害:死者104人死亡、行方不明者93人
3/24 北スラウェシ沖でマグニチュード6.1。3/17 ロンボクでマグニチュード5.4

5)こんな影はある。
3/17 佐野市でモスクに向かう途中のイ人技能実習生が日本人の男に襲われけが。
3/27 出入国管理法違反でパプアで服役の邦人4人のうち1人は10か月拘束のち強制送還
3/23 ガルーダ航空、ジャカルタ~名古屋直行便再就航、週4往復。

2月投資環境トピックス:

1. 日本中堅の現法設立活発:テラドローン、都食堂現法、村上開明堂現法社食、岸化学養鶏場、いしがまやハンバーグ、クラウドエース、大阪ガスもイ現法設立。
2. エネルギー産業は未だ有力:
2/1  中国電力、E.S.S社株25%取得、北スマ水力発電事業(1.8万kw)。
2/20 タマリス・ヒドロ(サリム傘下)、発電事業でBCA、マンディリ、BNIの協調融資獲得
2/13 昨年の再生可能エネ発電能力32.8万kw、今年は73.6万kwの増加見込みとPLN。
2/21 三井石油開発がレプソルらと参加する南スマ・サカクマン鉱区のガス埋蔵量570億m3
3.法的安定は未だし
2/14 バレンタインデー、ボゴールなど学校でのお祝い禁止に。 (関与しすぎか)
2/22 KTPの宗教欄に五大宗教でなくて地場信仰、バンドン市で初めて発行。(宗教欄必要か)
2/28 2019年法の確実性ランキング、世界126ヶ国中イは62位。(計測データあるのが不可)

1月度投資環境 2019新ターニングの予想

1/17 モバイルネットワークへのアクセス、イ人は1日平均4時間で世界一:米調査機関。
1/22 アストラらの村落用国産車「KMW」(時速40キロ、積載700キロ、バイオディRp65m)
1/28 ブルーバード、自動車競売会社設立、三菱UFJリース39%出資。
1/31 アストラ・ホンダ、電動スクーター「PCXエレクトリック」発表。
1/31 イ注目のブカラパック、韓国系投資ファンドから5千万ドル調達。
1/2  モロワリ(中スラウエシ)工業団地内の空港Q1中にも稼働予定、長さ1,800m
1/2  2019年に5千の自営業者創出:工業相が目標。
1/7  昨年のエネルギー補助金支出153.5兆ルピア、予算より6割増
1/13 オンライン販売業者に所得税とVAT課税:電子商取引の徴税令
1/22 工業省の人的資源開発予算、今年は前年比154%増の1.79兆ルピア。
1/24 輸出条件緩和へと商業相、サーベイヤーリポートの義務の廃止など。
1/24 ジャワ横断高速開通でブレべス、レンバン、クブメン、チラチャプで工業団地計画
1/26 航空貨物運賃20~50%上昇が年初のインフレ引き上げの可能性とBI副総裁。

やっとと到頭ともうStop!
1/24 コーラン侮辱の罪で約2年の刑期終えたアホックが出所。PDIPに参加
1/31 円借款によるインドネシア大学付属病院が開業。
1/26 シナールマス創業者エカ・チプタ・ウィジャヤ死去97歳。
1/13 ヘロー・スーパーマーケット、26店舗閉店して従業員532人解雇へ。
1/29 デング熱拡大、1日から28日までに発症1.2万件、うち115人が死亡と保健省。
1/30 南スラウェシ大洪水:死者78人に、行方不明3人、避難9,249人。
一寸記録に:
1/8  カネカ・フーズ、年産能力1.5万トンに増設、投資約50億円、2020年稼働予定。
1/24 いすゞ・アストラ、新型「GIGA」発表、ユーロ4対応、スルヤチプタ工場で製造。1/26 ミシュラン、サリム傘下のタイヤ・メーカー買収へ、6.2兆ルピア。
1/28 シュタッドラー(ス)、インカの新工場に参加、KRT車両など生産へ
1/13 昨年の繊維・繊維製品輸出138億ドル、目標の123.1億ドル超えたと協会。
1/15 昨年輸出6%増1,801億ドルだが輸入は20%増の1,886.26億ドル。赤字で終わる
1/7  昨年の石炭生産5.28億トン、前年比14.5%増。
1/16 2018年自動車7%増の1.1百万台:二輪車販売は8%増の6,4百万台
1/16 2018年訪日イ人、前年比12.7%増の39.69万人:日本政府観光局。
1/24 ボーダーポスト導入で輸入違反は増加と商業省消費者保護総局長。
1/22 アルコール飲料の輸出、昨年52.7%も増加:統計局。

12月投資環境トピックス:
引き続き企業は積極大型投資特に外資、或いは韓国。
高速網進展仕上げはジャワ横断
OSS認可システムは画期的と評価

12/4  豊田合成、アストラと合弁でカラワンにエアバッグ製造の現法設立へ
12/4  ロッテ、チプテにイで1軒目の映画館オープン「ロッテ・シネマ」。
12/4  モロワリ業団地でリチウム電池計画、投資7億ドル、中国のほかハンワら日系も
12/7  ロッテケミ、チレゴンで石化建設、総額35億ドル、エチレン100万トン等
12/10 王子、シナールマスと合弁で(王子出資55%)段ボール工場建設へ、投資40億円
12/10 プルタミナ、オマーンとボンタンで製油所建設、投資100億ドル見込み。
12/10 同バリクパパンでは韓国系2社らと製油所増強計画、投資40億ドル
12/13 ペガトロンがバタムで10億ドル投資計画と工業相、8千~1万人の雇用
12/17 アストラ、来年20兆ルピアの設備投資、根幹事業の強化に加え新ビジネス模索。
12/18 東急不動産、JOINで共同でメガクニンガンで複合開発へ、総事業費2.48兆ルピア。
12/19 丸紅と双日、チマラヤ・ガス火力発電所(176万kw)起工、総事業費約2千億円。
12/20 NEC、イでの広域防災システムの構築完了。
12/23 サリナ、オンライン・ショップ開設。
12/24 クラカタウ高炉(年産120万トン)稼働、中国コンソーシアム、投資10億ドル。
12/24 現代自、西ジャワでSUVなどのCKD工場建設計画、年産25万台、投資8.8億ドル。
12/24 カルベ、2019年設備投資1.5兆ルピア、プロガドゥンに処方薬工場建設へ。
12/26 インドファルマ、カテーテルなどの医療機器工場建設へ、韓国合弁、投資2千億
12/27 アップル、BSDに続きスラバヤとバタムにデベロッパーアカデミー開設計画
12/1  ボゴール~スカブミ高速の第1区間(15.35km)が開通、2020年全4区間開通
12/1  タックスホリデーの対象投資額幅を拡大、1千億でも50%免除へ:財務相令。
12/4  スマラン~ジョグジャ鉄道建設計画:ボロブドゥールにもアクセスと運輸省。
12/4  世界外国人訪問増加率ランキング:デンパサールが2位、ジャカルタ3位
12/5  来年、韓国、ロシア、ペルーとの包括的経済連携(CEPA)の締結目指す
12/6  来年の給与平均8%アップとマーサー調べ、今年は7.6%だった
12/6  スマラン~デマック間高速26.8kmに中国と韓国から融資オファー3.5兆ルピア。
12/12 1~11月の二輪車販売577,755台の見通し、前年同期比47.2%増:協会。
12/16 イ欧州自由貿易連合(EFTA)包括的経済連携協定(CEPA)締結。
12/17 ネット経由のEDI通関申告、来年1/1から全面稼働:関税総局長。
12/19 民間対外債務の急増でBIが国有企業にルピア建て債務推進、為替差損を最少化。
12/20 BI 7-day Reverse Repo Rate 6.00%で据え置き。
12/20 ジャワ横断高速道路メラック~パスルアン全線開通約900km、料金計57.5万
12/21 来年の繊維・衣料輸出5~6%増140億ドル超目指す:今年は135億ドル程度。
12/24 OSSシステム住民民事局・国税・BPJS・外国人労働AHU、INSWが接続。目標25省
12/24 オンラインショップ急増でショッピングモール内の空きスペース増加の可能性:

12/2  反アホック大規模集会から2年、モナスで10万人が再集会、平和裏に終了。
12/2  パプア武装グループに銃撃され31人死亡。翌日兵士1人死亡、独立派
12/3  NUを異端団体とツイートした駐イ・サウジ大使の送還要求:NU。
12/22 スンダ海峡で津波発生、25日時点で429人死亡、安倍首相弔意、支援表明。

11月投資環境トピックス
経済は粛然・昂然、社会は傲然、雑然と纏まらず

11/7  六甲バター、MM2100でチーズ生産開始へ、三菱商事と合弁
11/8  永大産業、現法が開業、チカラン工場でシステムキッチンの組立・販売。
11/9  スカイエナジー、市原氏など太陽光発電システムで合弁会社設立へ。
11/12 日本工営などのコンソーシアムがパンティンバン港第1フェーズ契約。
11/22 住友金属鉱山、南東スラウェシでニッケル製錬所建設検討、17.7億ドル。
11/22 トコペディア、ソフトバンクら既存株主から10億ドルの追加出資へ。
11/25 日本農業、青森産りんご8品種のイ販売開始、小玉で日本からの経路
11/18 アンカサ・プラ、第2首都空港計画、100兆ルピアで2021年にも着工
11/20 ガルーダ航空、ジャカルタ~名古屋直行便再開へ、来年3/23から、週4便。
11/28 ジャバベカ、家族向けアパート「カワナ2」販売開始。
11/28 グラブ、宅配サービス開始。
11/29 チャンドラ・アスリとミシュランの合弁、スチレンブタジエンゴム、投資$4億
11/1  2019年州最低賃金発表:首都Rp 3,940,973.-、8%
11/1  入管システムに接続した外国労働者TKAオンラインNotifikasiの制度へ
11/3  2020年に炭素税導入へ:化石燃料の利用量に応じた課税 環境税
11/9  年50社の上場は1992年以降で最多、上場企業数は約600社、時価6千兆Rp
11/11 アセアンと日中韓印豪NZが東アジア地域包括経済連携(RCEP)に向けた話し合い
11/15 BI 7-day Reverse Repo Rate 引き上げ5.75%→6.00%。
11/16 経済政策パッケージ第16弾:外資開放、タックスホリデー、輸出所得税軽減 ?
11/27 人材競争力ランキング、イは45位、トップはスイス、日本は29位。
11/28 スラゲン~ンガウィ高速道(51km)が開通、年内ジャカルタ~スラバヤ 接続?
11/28 不動産取引減税、保税地区許認可の簡素化など検討:財務省。
11/1  監視カメラによる交通違反取り締まり、スディルマン~タムリン通りで導入。
11/5  イスラムFPI代表がサウジで一時拘束、IS旗掲げていた疑い。
11/13 首都メイン通りの電子課金(ERP)来年中に導入計画と首都運輸局。
11/15 チカンペック高速奇数偶数規制、タンブン区間拡大。
11/17 政府系モスクの4割過激思想拡散、国立7大学でも過激思想と国家情報庁。
11/18 過去5年地震頻度増加、2013年は4,234回、今年は13年の倍
11/18 「性的マイノリティは不道徳」パダン市長が根絶宣言。宗教的な保守化が進行か
11/18 パチタンで海水浴中の邦人男性が水死。溺死か 74歳
11/24 首都の人工島3島で州営住宅や魚市場整備へ:州知事が計画変更
11/29 日本人女性宅アパート警備員の男逮捕、強姦未遂・暴力容疑で

10月投資環境トピックス;悪夢再来、航空機墜落全員死亡、
中スラ地震未曾有の結果へ、日イともランキング不振、住宅建設投資のみ続く

記録以下
10/4  グーグル・クラウド、ジャカルタに広域データセンター設置へ
10/8  中国系シュータウン、中ジャワ新工場建設へ、従業員最大2万人、投資2億ドル。
10/10 トヨタ・ハウジング、カラワンでの戸建分譲事業、スマレーコンと。
10/24 BCA、電子マネー「フラッツ」1~8月決済2.3兆ルピア、前年同期より3倍も増加。
10/31 東急不、西ジャカルタでも分譲マンション建設へ、35階建て2 棟計608戸。
10/14 工業団地にもハラル:工業省が年内の規則完成目指しているとメディア。
10/15 9月の輸出148.29億ドル、 輸入は146.02億ドル、通年赤字はまだ続く。
10/16 来年最賃上昇率8.03%:労相通知。
10/24 首都MRT第2工区(HI~マンガドゥア)に700.21億円限度の円借款供与へ。
10/31 世銀のビジネス環境ランキング:イは73位(前年72位)。日本は39位。
10/3  チカラン日本人学校の建設安全祈願、来年4月の開校目指す。
10/9  プラポウォ陣営選対幹部のうそ情報拡散:顧問のアミン・ライスも参考人聴取。
10/13 アジアパラゲーム閉幕、金メダル中国(172個)、日本は4位(45個)、イは5位。
10/16 不法就労の疑いがあるとしてパプアで拘束された邦人4人の初公判、無罪主張。
10/18 北スマで仏教寺院や警察署を襲おうとしていたテロ容 疑者2人が射殺される。
10/26 中スラウェシ地震対応終了、死者2,086人、行方不明者1,309人
10/29 ジャカルタ発バンカ行きライオンエアー墜落、189人全員死亡 整備ミスか
10/30 メイカルタ許認可めぐる贈収賄:リッポー幹部が、逃亡の末自首。CEO事情徴集へ
10/30 予算案承認めぐる収賄容疑で国民信託党からの国会副議長が容疑者に認定。