インドネシア企業経営のご案内

月刊インドネシア企業経営・別冊資料集

インドネシア企業経営
「インドネシア企業経営」詳細・お申込はこちらから。

インドネシアの 毎月施行される 税務・経済法令のサマライズ、経済動向解説、会計・許認可・労務・財務・企業/産業等のケース スタディ等企業経営と生活に必須な情報を満載。
週2~3回のE-MAILによるニュース(臨時ニュースもあり)、法令、経済指標等の配信付き、照会・資料請求も出来ます。

「インドネシア企業経営」詳細・お申込バックナンバー・目次別冊資料集もあります

お知らせ

『月刊インドネシア企業経営』別冊アップデートしました。
No.1『投資手続き法』 全61ページ 60万ルピア + VAT
No.4『労働関連法の解説』 全177ページ 120万ルピア + VAT
No.8『インドネシアの社会保障』 全55ページ 50万ルピア+VAT
No.29『インドネシアの環境管理管理法』 全71ページ 70万ルピア+VAT

 

インドネシア 投資環境トピックス 2018年総集編

アジア大会8/18~9/2まで。団結成功で自信、2032年夏季オリンピックへ。観光に力

8/1  6月の外国人訪問客数1,318,028人、上期は前年同期比13.08%増の7,525,910人。
8/21 スカブミ~パンガンダランを観光経済特区に:観光相が方針。
8/28 マンダリカ経済特区にアジアインフラ投資銀(AIIB)が2.6億ドル融資 提案。
8/31 西ジャワがインフラ、観光、製造に外資誘致。ゴミ処理、クルタジャティ、スバン

貿易収支は悪化続きRpも不安

8/13 トルコ・リラ急落の余波か、1ドル=14,500ルピア超。
8/15 7月の輸出は162億ドル、輸入は183億ドル、単月で赤字21億ドル
8/15 BI 7-day Reverse Repo Rate引き上げ5.25%→5.50%。
8/24 900品目の輸入関税引き上げを検討、輸入抑制で財務相。PPh22も

一寸記録のみ:
8/7  クラカタウ・ニッポンスチール・スミキン、チレゴンの自動車用鋼板新工場が開所。
8/8  インドネシア・エアアジア、ジャカルタ~成田直行便9/30から運休。
8/14 清水建設、国営PPらとのJOでパティンバン港アクセス道路受注、1.2兆Rp
8/20 金融サービス庁(OJK)がフィンテックセンター開設。
8/24 南第IIチカンペック高速道路の開発事業、入札へ、年内着工、2020年完工目指す。
8/28 チカラン・ドライポートと高速道アクセス3.06kmが開通。
8/3  麻疹風疹混合ワクチンがハラルか、児童摂取を一時停止でMUIが合意。
8/9  次期大統領選:ジョコウィはMUI議長、プラボウォは現ジャカルタ副州知事を選択。
8/18 アジア大会開幕、9/2まで。開会式にジョコウィはヤマハ「FZ 1 Fazer」で登場。
8/24 リアウ火力発電収賄の社会相辞任、ジョコウィ内閣初。後任にギナンジャール息子。
8/26 ロンボク直近の地震、7/29以来5回ほど大型余震続き、合計死者は555人
8/25 チレボン高速道で警官が狙撃されて死亡イスラム過激派JADメンバーの犯行
8/31 来イした豪新首相がジョコウィ会談、11月に包括的経済連携協定締結で合意。

7月の投資環境 :株価魅力アップか

7/12 韓国投資証券、イ現法設立。
7/19 JPモルガン・チュース銀、対イ投資判断「オーバーウエイト」に引き上げ。
7/30 総合株価指数6千超え6,027.94ポイント。
写真はBursa Efek Indonesia. Foto ilustrasi:
Gora Kunjana より借用

統合オンライン許認可システム進展へ
7/9  中央~地方政府結ぶ統合オンライン許認可システムOSS(オンライン・サブミッシ ョン・システム)開始と経済調整相。
7/19 BKPMもOSS引き継ぎに意欲、OSS専門の新部署立ち
大型投資・都市建設も更に進展
7/1  インカ、バニュワンギに鉄道車両新工場建設へ、投資1.6兆ルピア。
7/17 五洋建設、パティンバン港建設受注、東亜建、りんかい日産他JV、約500億円。
7/28 河北鋼鉄集団、クンダルに鉄鋼工場建設へ、投資$25億、国内最大の300万t
7/5  ソフトバンク、リンクネットと提携、リッポーの新都市などへのIoT技術導入
7/13 京浜急行、伊藤忠やシナールマスと合弁でサウスゲート内にてタワーマンション (29階建て)の分譲へ。イオンモールはイ4号店決定
国内IS制圧
7/9  デポックの民家でライフル所持していた5人逮捕、イスラム過激派
7/16 スラバヤ・テロ(今年5月)以降200人逮捕、うち20人射殺 と国家警察。
7/30 IS支持の過激派組織JADは非合法:南ジャカルタ地裁が解散命令。
事故・災害も常に要注意
7/3  スラヤル島沖で連絡船が浸水、4日までに34人の死亡確認。
7/29 ロンボクでマ震度6.4。少なくとも16人死亡、8/4余震でゃ震度7で98名死亡

6月の投資環境 :ラマダンでもどっこい生きて

6/22 小規模売上企業へのファイナル法人税率0.5%に引下:PTは3年で卒業指導。
6/26 国産商用車、来年生産開始と工業相、農産物や肥料などの運搬に。
6/28 今年上期の首都圏工業団地販売150 haに、ジャワ外も42%超の勢い
6/21 首都空港第4ターミナル建設へ。スマラン新ターミナルは旧の9倍で開港。

国際機関大口借款、投資促進へ
6/5  観光インフラ・サービス改善等支援で世銀が3億ドル融資へ。
6/8  民間投資促進と財政改革支援にアジア開銀が計10億ドル融資へ。

記録として:
6/5  スカイエナジー、藤崎電機、グリッド、プレミアム・エナジーとJV設立協議
6/7  日本ユニシス、インディバラと流通小売りビジネスプラットフォーム事業へ。
6/26 丸紅、南スマ地熱発電所着工、東北電力らと。第3ガス発電所(800MW)にも参加
6/26 グダン・ガラム、クディリ新空港建設に10兆ルピア投資、来年着工。
6/26 ディルガンタラ・インドネシア、比に航空機2機輸出。
6/5  ポンドックグデ付近で高速に石投げ、2回も、1人が死亡する惨事となった。
6/8  インドネシアが国連安全保障理事会の非常任理事国に選ばれる、2019年から2年間。
6/18 トバ湖で船転覆、200人近くが死亡・行方不明
6/22 スバンで爆弾所持のイスラム過激派メンバーを射殺。
6/25 パプアで統一地方首長選の警備に襲撃、周辺住民ら3人死亡、操縦士らけが。
6/25 アナック・クラカタウ山が噴火。アグン山もまた噴火、翌日空港一時閉鎖。
6/30 第9回リトル東京ブロックM縁日祭。

5月投資環境:過激派蠢動 続発テロで血塗られ

5/8  警察機動隊本部拘置所で過激派メンバー156人が暴徒化、警官5人+1死亡。
5/10 刃物や銃弾所持のイスラム過激派メンバー4人をブカシで逮捕
5/13 早朝スラバヤ3カ所の教会でテロ一家が分散連続爆弾テロ、少なくとも14人死亡
5/13 警察署近くのシドアルジョの公営住宅でも自爆テロあった、3人死亡。
5/13 チアンジュールで銃器不法所持の4人、抵抗され全員射殺。スカブミで軍事訓練か。 
5/14 スラバヤでまた5人の一家による自爆テロ、警察署入り口で二輪車に仕掛け
5/15 スラバヤの住宅地で銃撃戦、容疑者は死亡。またマランでは、指導者を逮捕
5/16 リアウ州警本部で、過激派5人が襲撃、警官1人死亡。5人のうち4人は射殺
5/22 今度はジャンビの警察署が襲撃される騒ぎ、警官2人けが。
5/25 テロ法改正案、国会で可決。大統領の発動命令で国軍がテロ対策に参加可能に。
5/27 IS関与の疑いの女子学生ら8人シリアから送還される。

経済舵取り微妙
5/15 1~4月輸出587億、輸入601億ドル。貿易赤字広がる。
5/9  為替1ドル14,000ルピア突破。
5/17 対外債務3月末は3,587億ドル、前年同月比8.7%増。
5/30 BI 7-day Reverse Repo Rate再び引き上げ、5/17時点4.25%→4.50%→4.75%。

一寸記録
5/1  インドネシア・エアアジア、ジャカルタ~成田直行便就航。
5/22 PPプロパティ/ジャバベカ “リトルトーキョー”開発、アパート6棟建設、丹下
都市建築設計がデザイン。
5/14 1~4月の二輪車販売前年比14%増の2,038,415台。
5/16 1~4月の自動車販売前年比5.6%増 の394,421台。