インドネシア企業経営のご案内

月刊インドネシア企業経営・別冊資料集

インドネシア企業経営
「インドネシア企業経営」詳細・お申込はこちらから。

インドネシアの 毎月施行される 税務・経済法令のサマライズ、経済動向解説、会計・許認可・労務・財務・企業/産業等のケース スタディ等企業経営と生活に必須な情報を満載。
週2~3回のE-MAILによるニュース(臨時ニュースもあり)、法令、経済指標等の配信付き、照会・資料請求も出来ます。

「インドネシア企業経営」詳細・お申込バックナンバー・目次別冊資料集もあります

お知らせ

『月刊インドネシア企業経営』別冊アップデートしました。
No.1『投資手続き法』 全61ページ 60万ルピア + VAT
No.4『労働関連法の解説』 全177ページ 120万ルピア + VAT
No.8『インドネシアの社会保障』 全55ページ 50万ルピア+VAT
No.29『インドネシアの環境管理管理法』 全71ページ 70万ルピア+VAT

 

インドネシア 投資環境トピックス 2018年総集編

10月投資環境トピックス

悪夢再来、航空機墜落全員死亡、
中スラ地震未曾有の結果へ、日イともランキング不振、住宅建設投資のみ続く

記録以下
10/4  グーグル・クラウド、ジャカルタに広域データセンター設置へ
10/8  中国系シュータウン、中ジャワ新工場建設へ、従業員最大2万人、投資2億ドル。
10/10 トヨタ・ハウジング、カラワンでの戸建分譲事業、スマレーコンと。
10/24 BCA、電子マネー「フラッツ」1~8月決済2.3兆ルピア、前年同期より3倍も増加。
10/31 東急不、西ジャカルタでも分譲マンション建設へ、35階建て2 棟計608戸。
10/14 工業団地にもハラル:工業省が年内の規則完成目指しているとメディア。
10/15 9月の輸出148.29億ドル、 輸入は146.02億ドル、通年赤字はまだ続く。
10/16 来年最賃上昇率8.03%:労相通知。
10/24 首都MRT第2工区(HI~マンガドゥア)に700.21億円限度の円借款供与へ。
10/31 世銀のビジネス環境ランキング:イは73位(前年72位)。日本は39位。
10/3  チカラン日本人学校の建設安全祈願、来年4月の開校目指す。
10/9  プラポウォ陣営選対幹部のうそ情報拡散:顧問のアミン・ライスも参考人聴取。
10/13 アジアパラゲーム閉幕、金メダル中国(172個)、日本は4位(45個)、イは5位。
10/16 不法就労の疑いがあるとしてパプアで拘束された邦人4人の初公判、無罪主張。
10/18 北スマで仏教寺院や警察署を襲おうとしていたテロ容 疑者2人が射殺される。
10/26 中スラウェシ地震対応終了、死者2,086人、行方不明者1,309人
10/29 ジャカルタ発バンカ行きライオンエアー墜落、189人全員死亡 整備ミスか
10/30 メイカルタ許認可めぐる贈収賄:リッポー幹部が、逃亡の末自首。CEO事情徴集へ
10/30 予算案承認めぐる収賄容疑で国民信託党からの国会副議長が容疑者に認定。

9月度インドネシア投資環境:ニュースは停滞、8月と共通

*大型地震 2件 * Rp暫安で輸入抑制 *プルタミナ女性元・現社長に司直の手
*大統領選白熱 政治不寛容 *高速道路建設は進む *日本の鉄道会社不動産投資 
*韓国勢い $62億経協、現代SUV生産、斗山火力、現代EGディ工場 地震見舞一番乗り

以下記録
9/5  京阪電鉄不動産とナイス、ジャバベカとチカランでゴルフ・リゾート開発計画。
9/13 ダイセー・ログ・インドネシア、GIICで物流倉庫建設
9/20 ルミネ、プラザ・インドネシアに12月オープン。
9/26 西鉄、チランダックで分譲マンション合弁開発へ、総事業費71億円
9/5  貿易赤字抑制で1,147品目の輸入PPh22税率引き上げ
9/26 首都の埋立事業は停止、計画あった17島のうち13島の基本許可取り消される。
9/24 政治的不寛容が増えている:イ調査研究センター。来年の大統領選に向けて注意。
9/18 リンタス・マルガ、クルタジャティ高速道、融資8.9兆ルピア獲得。
9/14 首都外環第2高速道は来年の開通目指すと公共事業相。
9/26 チネレ~セルポン間高速道路建設に国有3行とBCAによる協調融資9,500億ルピア。
9/27 デポック間高速道(全長21.6km)一部開通、アンタサリ~ブリギフ間5.8km。
9/28 中スラウェシでマグニチュード7.4、3mの津波も発生。最終1,500人強死亡か

アジア大会8/18~9/2まで。団結成功で自信、2032年夏季オリンピックへ。観光に力

8/1  6月の外国人訪問客数1,318,028人、上期は前年同期比13.08%増の7,525,910人。
8/21 スカブミ~パンガンダランを観光経済特区に:観光相が方針。
8/28 マンダリカ経済特区にアジアインフラ投資銀(AIIB)が2.6億ドル融資 提案。
8/31 西ジャワがインフラ、観光、製造に外資誘致。ゴミ処理、クルタジャティ、スバン

貿易収支は悪化続きRpも不安

8/13 トルコ・リラ急落の余波か、1ドル=14,500ルピア超。
8/15 7月の輸出は162億ドル、輸入は183億ドル、単月で赤字21億ドル
8/15 BI 7-day Reverse Repo Rate引き上げ5.25%→5.50%。
8/24 900品目の輸入関税引き上げを検討、輸入抑制で財務相。PPh22も

一寸記録のみ:
8/7  クラカタウ・ニッポンスチール・スミキン、チレゴンの自動車用鋼板新工場が開所。
8/8  インドネシア・エアアジア、ジャカルタ~成田直行便9/30から運休。
8/14 清水建設、国営PPらとのJOでパティンバン港アクセス道路受注、1.2兆Rp
8/20 金融サービス庁(OJK)がフィンテックセンター開設。
8/24 南第IIチカンペック高速道路の開発事業、入札へ、年内着工、2020年完工目指す。
8/28 チカラン・ドライポートと高速道アクセス3.06kmが開通。
8/3  麻疹風疹混合ワクチンがハラルか、児童摂取を一時停止でMUIが合意。
8/9  次期大統領選:ジョコウィはMUI議長、プラボウォは現ジャカルタ副州知事を選択。
8/18 アジア大会開幕、9/2まで。開会式にジョコウィはヤマハ「FZ 1 Fazer」で登場。
8/24 リアウ火力発電収賄の社会相辞任、ジョコウィ内閣初。後任にギナンジャール息子。
8/26 ロンボク直近の地震、7/29以来5回ほど大型余震続き、合計死者は555人
8/25 チレボン高速道で警官が狙撃されて死亡イスラム過激派JADメンバーの犯行
8/31 来イした豪新首相がジョコウィ会談、11月に包括的経済連携協定締結で合意。

7月の投資環境 :株価魅力アップか

7/12 韓国投資証券、イ現法設立。
7/19 JPモルガン・チュース銀、対イ投資判断「オーバーウエイト」に引き上げ。
7/30 総合株価指数6千超え6,027.94ポイント。
写真はBursa Efek Indonesia. Foto ilustrasi:
Gora Kunjana より借用

統合オンライン許認可システム進展へ
7/9  中央~地方政府結ぶ統合オンライン許認可システムOSS(オンライン・サブミッシ ョン・システム)開始と経済調整相。
7/19 BKPMもOSS引き継ぎに意欲、OSS専門の新部署立ち
大型投資・都市建設も更に進展
7/1  インカ、バニュワンギに鉄道車両新工場建設へ、投資1.6兆ルピア。
7/17 五洋建設、パティンバン港建設受注、東亜建、りんかい日産他JV、約500億円。
7/28 河北鋼鉄集団、クンダルに鉄鋼工場建設へ、投資$25億、国内最大の300万t
7/5  ソフトバンク、リンクネットと提携、リッポーの新都市などへのIoT技術導入
7/13 京浜急行、伊藤忠やシナールマスと合弁でサウスゲート内にてタワーマンション (29階建て)の分譲へ。イオンモールはイ4号店決定
国内IS制圧
7/9  デポックの民家でライフル所持していた5人逮捕、イスラム過激派
7/16 スラバヤ・テロ(今年5月)以降200人逮捕、うち20人射殺 と国家警察。
7/30 IS支持の過激派組織JADは非合法:南ジャカルタ地裁が解散命令。
事故・災害も常に要注意
7/3  スラヤル島沖で連絡船が浸水、4日までに34人の死亡確認。
7/29 ロンボクでマ震度6.4。少なくとも16人死亡、8/4余震でゃ震度7で98名死亡